免疫力アップのために

◆ラクトフェリンとは?
ラクトフェリンは、母乳(特に初乳)や牛乳に多く含まれるたんぱく成分です。また、鉄分の吸収を調整してくれたり、おなかの中のビフィズス菌を増やす働きがあります。
※森永乳業では、長年の研究の結果、牛乳中にわずかしか含まれず、熱に弱いラクトフェリンを取り出す技術を開発しました。

ノロウィルス、ロタウィルス感染抑制のメカニズム
rakuto_sessyu研究からラクトフェリンが消化管と結合し、消化管細胞にウィルスが感染するのを抑制します。

このほかに発がん予防、感染防御作用、ピロリ菌の抑制、腸内のビフィズス菌を増やし腸内細菌のバランスを整える作用などが報告されています。
illust_03_02-1

illust_03_03

◎ラクトフェリンは牛乳由来の成分ですが、加熱殺菌されている乳製品からは取れません。ラクトフェリンが配合された食品から摂取できます。
◎ラクトフェリンは一度に摂取するより毎日摂り続けることが大切だと言われています。
img_02