7月14日~18日 県立松戸高校で演劇授業公演「YAMAMBAAH!」
土田峰人原作「山姥」を大胆にアレンジ

出演する「演技実習」選択者のみなさん

      創立100周年を迎えた千葉県立松戸高等学校には、県内でも珍しい「演劇」の授業がある。授業の成果発表という形で、年に2回(夏・冬)に一般公演を行っている。演劇授業及び、演劇部の認知度が上がるにつれ、多くの来場者が来るようになったという。

 今回、公演を行う作品は「YAMAMBAAH!」。千葉県高校演劇の名指導者であった土田峰人氏が船橋旭高校を率いて2000年全高大会で優秀賞を受賞した「山姥」を下敷きにしたもの。松戸高校で演劇指導をしている阿部順教諭が大胆にアレンジしたが、作品の根底に流れる「母の子への無条件の愛」というテーマは変わらず、「子どもへの虐待事件が頻発する今であるからこそ、多くの皆さまに見てもらいたいと考えています」と話している。

 出演するのは、3年生の「演技実習」選択者20人。演劇部員も多くいるが、演劇をするのは授業だけという一般生徒もいる。20人ほとんどがダブルキャストでAチーム、Bチームを作り、公開リハーサル、追加公演を含め、計6回の公演を行う予定。

 

千葉県立松戸高等学校 教科「演技実習」公演 

(創立100周年記念公演第1弾)

 YAMAMBAAH!』 

土田峰人「山姥」原作 同校授業担当・阿部順/翻案

全公演県立松戸高校演劇実習室

 

714()  14:30  (公開リハーサル) Aチーム

  15(月・祝) 11:00~ Bチーム / 14:30  Aチーム

  16() 14:30~   Bチーム            

   17() 14:30~   Aチーム

   18() 14:30~   Bチーム

 

お問い合わせは、☎047-341-1288、千葉県立松戸高校まで。

 

 

あわせて読みたい