2017年10月22日 第65回全日本吹奏楽コンクールが 名古屋国際会議場で行われました。

東関東代表として、松戸市からは 松戸市立小金中学校、松戸市立第四中学校の2校が出場し、両校共に金賞を受賞致しました。

素晴らしい快挙です!

全日本のなかで、千葉県の実力は高い水準にあり、千葉県の代表に選出されること自体が非常に難関だとも言われています。

全日本の道のりは非常に長く、夏前から予選会の練習が始まります。

まず、千葉県代表に選ばれた後は東関東大会に進みます。千葉県は東関東大会に7校出場。7校のうち、3校が松戸市の中学校でした。

東関東大会は、千葉県、神奈川県、茨城県、栃木県の4県の代表で、9/3に開催されました。この東関東の大会で全日本の代表になれるのが3校ですが、

この3校全てが千葉県の学校でした。

今年は、千葉県代表=東関東代表となったわけです。
松戸市立第四中学校
松戸市立小金中学校
柏市立酒井根中学校

千葉県のレベル恐るべしです。決して他の県が劣るわけではない証に、東関東代表として、全日本大会でも見事3校全てが金賞を受賞するという快挙を成し遂げました。

ちなみに、全日本には東関東以外に、

北海道、東北、西関東、四国、東海、中国、北陸、東京、関西九州、東関東

上記の支部の代表が集まります。遠い名古屋という会場で千葉県の3校が日頃の練習の成果を出しきり、金賞というご褒美をいただけたということはとても嬉しいことだと思います。

千葉県は高校の吹奏楽部も大活躍で、東関東大会の代表として選ばれた習志野市立習志野高等学校と柏市立柏高等学校の2校も金賞という優秀な成績でした。

吹奏楽部の中学生。中学で吹奏楽を極めた後の進学先も楽しみです!