日曜日に観たいこの1本
「光」

 

 

 

 

 作品は目の不自由な方のために場面の説明をする映画の音声ガイドの制作現場から始まる。試写をしながら美佐子(水崎綾女)が考えてきたガイドを読む。モニターとして参加している数人の視覚障害者が感想を求められる。遠慮がちに意見を述べるモニターが多い中、辛辣な意見を述べる中森(永瀬正敏)にカチンとくる美佐子。険悪なムードにいたたまれない雰囲気が漂う。
 中森は有名なカメラマンだったが、病気のために視力を失いつつある。徐々に視力が失われていく恐怖と、自分の魂とも言える写真が撮れなくなるという失意。そんな中森の苦悩を永瀬正敏が見事に演じている。
 美沙子には山中で暮らす認知症の母がおり、その様子を気にかけている。父は美沙子が子どもの頃に失踪したようだ。美沙子はその父の背中を今でも探している。
 音声ガイドの仕事は難しい。説明しすぎると、聴く人の想像を邪魔してしまうし、説明を省きすぎると、何が写っているのか想像できなくなる。美沙子はいつも言葉を探し、原稿のことを考えているが、うまくいかない。

Ⓒ 2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

 美沙子は、視覚障害者の想像力について考える。その心にはどんな世界が広がっているのか。
 そんなことを考えていたせいか、それとも街で偶然出会ったからか、美沙子は中森の心を想像するようになる。そして、その心に寄り添おうとする。中森の目はもうほとんど見えないが、美沙子の心の中を見ているようだ。
 相手の気持ちを想像し、理解するというのは本当に難しい。障害や、あるいは老いなど、同じ立場にならない限り、本当には理解できないかもしれない。作品を通してそんなことを強く感じた。
 ドキュメンタリーを観ているような淡々とした流れ。色彩を意識した映像が美しい。
 【戸田 照朗】
 監督・脚本=河瀨直美/出演=永瀬正敏、水崎綾女、藤竜也/2017年、日本
 …………………
 「光」、DVD税別3800円(本体)、【スペシャル・エディション】DVD税別5800円(本体)、【スペシャル・エディション】ブルーレイ税別6800円(本体)、発売元=株式会社キノフィルムズ/木下グループ、販売元=ポニーキャニオン

Ⓒ 2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

Ⓒ 2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

Ⓒ 2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

Ⓒ 2017 “RADIANCE” FILM PARTNERS/KINOSHITA、COMME DES CINEMAS、KUMIE

あわせて読みたい